目標点数によって勉強の仕方変わります

こんにちは!室長の大原です。

テスト勉強をする際に大事なのは、何をどれだけ勉強するかという事です。

その何をどれだけ勉強するかは、目標とする点数によって事なります。

テストの最後の問題が難しい事はよくある事です。

自分の苦手な所で点数を落とす事もよくある事です。

ただ、皆さんの間違った問題の中には、ケアレスミスもあると思います。

応用問題に着手、苦手分野の克服、ケアレスミス改善全てテスト対策になります。

もちろん全て行うのが理想ではありますが、どこに注力するかは目標点数によって変わります。

つまり、目標点数が80点の生徒と50点の生徒では行うテスト勉強が変わるという事です。

目標点数が80点の生徒は、応用問題も苦手分野もケアレスミスも全て対策を行う必要があります。

しかし、目標点数が50点の生徒は、応用問題は必ずしも正答する必要はありません。

それよりも基礎レベルの問題でミスをしないことを優先するほうが得策です。

数学でいうと、最後の難しい問題で正答するより、最初の基礎的な計算問題で誤答しないような勉強の方が目標達成に近づけます。

このように、点数の取り方も戦略で、それによって勉強の内容は変わります。

個別指導塾で、個別でカリキュラムが異なるのはこういう理由です。

学習レベルによって、目標が変わってきて、それに合ったカリキュラムで勉強できることが個別指導のメリットの一つです。

*****英才個別学院 新馬場校 概要*****

【 授業時間 】 17時00分~21時30分

【  対 象  】 小学生・中学生・高校生・既卒生

【お問い合わせはこちらから】

1.当教室のホームページからお問い合わせください。

http://www.eisai.org/shinbanba.html

2.直接、教室までお電話く

03-5769-4666