応用問題に着手したい人は…

こんにちは!室長の大原です。

前回はまずテスト勉強の基本となる学校のワークを徹底してやりましょうというお話でした。

ただ、科目、先生によって、ワークとかから出ないしとか、もっと難易度の高い問題を出してくることあると思います。

どうしたらいいのか。

勉強のやり方は変わりません。まずはワークをやりきって下さい。

テストの問題が難しいから、応用問題をやりたがる人いますが、

自分がどこまで理解出来てて、どこから理解できないか余計にわからなくなります。

まずは超基礎レベルの学校ワークから。その理解度を100%にしてから応用問題に進みましょう。

という事は、ワークって結構早くに終わらせないといけませんね。

ワークは一回全部解いて終了ではなく、間違った問題、わからなかった問題の解き直しまで出来て終了です。

となると、前々回のテーマにしたいつからテスト勉強始めるのが正解か見えてくると思います。

テストで80点以上取りたい⇒応用問題も出来ないといけない⇒1週間前から応用問題がやりたい⇒・・・

という風にテストの難易度が高い科目に関しては特に逆算して早めにテスト勉強スタートをしましょう!

*****英才個別学院 新馬場校 概要*****

【 授業時間 】 17時00分~21時30分

【  対 象  】 小学生・中学生・高校生・既卒生

【お問い合わせはこちらから】

1.当教室のホームページからお問い合わせください。

03-5769-4666

http://www.eisai.org/shinbanba.html

2.直接、教室までお電話く